Home Uncategorized 『ONE PIECE: RED』と『STAMPEDE』の仕事はどうでしたか? プロデューサーと話す

『ONE PIECE: RED』と『STAMPEDE』の仕事はどうでしたか? プロデューサーと話す

by 押間 モル

昨年、アニメ「ONE PIECE」1000話放送を機に発表され、ついに日本劇場公開 ワンピース:赤、シャンクス・ザ・レッドをスクリーンに戻すことを約束した映画。 『ONE PIECE: RED』が前作を凌駕した結果、興行収入に皇帝効果が感じられた。

実際、『ONE PIECE: STAMPEDE』は、上映初日にはるかに少ないチケットを販売しました。 そして、まさにこの映画について、ONE PIECE: RED と一緒に話を戻します。 プロデューサーの清水真司は、ONE PIECE: GOLD の映画や、日本の映画館で上映された最後の 2 つの映画など、東映アニメーションのいくつかのプロジェクトを長年にわたって担当してきました。 清水によれば、 ONE PIECE: STAMPEDEは最も難しいプロジェクトでした 彼のキャリアについて: 「スケジュールは非常にタイトでしたが、映画がうまくいったことに感謝します。」

したがって、課題は克服されましたが、スタンピードはプロデューサーが最も高く評価したワンピース映画ではありません. 実際、シンジは即座に「これは簡単な質問です。 明らかにREDです. その後、私は間違いなくDeath Trapを楽しんだ.

ONE PIECE: RED は日本の劇場で上演を続けており、現在は世界のいくつかの国の劇場でも上演されていますが、RED の特別なエピソード with Uta も続いています.

You may also like

Leave a Comment