Home Uncategorized もののけ姫、25年前に日本の映画館でデビュー

もののけ姫、25年前に日本の映画館でデビュー

by 押間 モル

1997年7月12日、「もののけ姫」というタイトルで知られる もののけ姫。 初演からちょうど25年後、スタジオジブリがプロデュースし、マスターの宮崎駿が脚本・監督を務めた伝説の映画を祝います。

今日、私たちは祝います 25周年 これまでで最も重要なアニメーション映画の1つであり、日本産業およびそれ以降の学校を作り上げた傑作です。 モノノケ姫、 宮崎とスタジオジブリ、25歳になります。 この機会に、もののけ姫は2022年7月14日から20日までイタリアの映画館に戻ります。

もののけ姫の日本映画でのデビューから四半世紀が経過しました。 それでも今日でもそれは誰もが認めることができます。 このメリットは、時代を超えたナレーションだけでなく、素晴らしいアニメーションやサウンドトラックにもあります。

映画のアニメーションはほぼ完全に 手作業で作られた個々のフレーム、宮崎本人が一枚一枚承認。 合計で、コンピューターアニメーション付きの映画はわずか5分、デジタルカラーリング付きの映画は10分しかありません。 最近、AIがモノノケ姫を現実に再構築しました。 映画のOSTに関しては、これは宮崎プロダクションの歴史的協力者であるジョー・ヒサシによるコンソタでした。

You may also like

Leave a Comment