Home Uncategorized チェンソーマンパート2もMangaPlusでデビューします:西部の数字

チェンソーマンパート2もMangaPlusでデビューします:西部の数字

by 押間 モル

藤本タツキはワンショットを取っておき、もう一度自分自身を チェンソーマン、近年、観客や批評家から絶賛され、作者を有名にした作品。 1年半以上の停止を経て、少年ジャンプ+で日本で出版された第2部の冒頭でマンガが戻ってきました。

しかし、世界の他の地域では、前回の連載中に起こったように、チェンソーマンを歓迎したのはMangaPlusプラットフォームでした。 日本では今や記録的な数が記録されており、少年ジャンプ+の訪問者数は200万人を超え、間違いなく成長する運命にあります。 そして代わりに チェンソーマンはMangaPlusでどのように運賃を支払ったのですか? 英語、スペイン語、インドネシア語、ポルトガル語、フランス語の漫画を掲載している西部のポータルでは、 458,000回の訪問が記録されました

これにより、チェンソーマンはプラットフォーム全体で最も読まれている漫画の2位になり、尾田栄一郎の漫画の章が数週間リリースされていないという事実のために、代わりに非常に遠いように見えるONEPIECEの後ろにあります。 とにかくそうです 藤本の漫画への大きな関心を確認、2022年10月に日本と西洋のストリーミングサービスでアニメが放送されるとさらに増加し​​ます。

You may also like

Leave a Comment