Home Uncategorized ドラゴンボール超 ウルトラ本能の矛盾 悟空は感情のコントロールを知っていたのか?

ドラゴンボール超 ウルトラ本能の矛盾 悟空は感情のコントロールを知っていたのか?

by 押間 モル

ウルトラ・インスティンクト ドラゴンボールスーパー それは鳥山明の傑作の続編の最大の目新しさの 1 つですが、神聖な技術の機能の基本原理は、主人公が限界を克服するのを助けるために先生が過去にすでに扱っていたテーマのようです.

Ultra Instinct の力により、 悟空 信じられないほどの新しいレベルに到達するために、 埠頭ジレン. ただし、主人公は過去に頭をすっきりさせ、感情を制限する方法をすでに学んでいたため、物語のレベルで矛盾が生じています。

同じ ポポ、 最初のオリジナルシリーズで、彼は悟空に、精神を研ぎ澄まして戦うことの重要性、深い落ち着きを身につけること、そして視覚に頼りすぎて速くなることの重要性を説明していました. メルスとの修行中、しかし、サイヤ人は、主人公がすでに事業に成功していたので、彼の心と感情を空にして戦う方法を知らないことを明らかにしました. それは矛盾しているのでしょうか、それとも単にテクニックへのアプローチ方法が違うのでしょうか?

いつものように、下の適切なボックスにコメントを付けて、それについてのあなたの意見を教えてください。ただし、Ultra Instinct saga の進化を saga ごとに深める前ではありません。

You may also like

Leave a Comment