Home Uncategorized ドラゴンボール:新しい研究における悟空とベジータの間の競争の背後にある心理学

ドラゴンボール:新しい研究における悟空とベジータの間の競争の背後にある心理学

by 押間 モル

悟空とベジータの間の競争は今、物語の中心的な側面の1つです ドラゴンボール そして今では2人のサイヤ人の関係は友情として説明することができますが、王子のプライドはしばしばそれを対立に変えてしまいます。これは重要な学者によって心理学的観点から検討されています。

太田信行 中部大学准教授、名古屋大学教育心理学博士。これまでにライバル同士の関係心理学に関する論文や研究に署名。 インタビューの中で太田は悟空とベジータの関係についてどう思うか尋ねられ、学者はそれを本当のライバルと呼ぶのは間違っていると答えた。

実際、彼の観点からは、この種の絆を養い、悟空をライバルと見なすのはベジータだけですが、主人公は戦いに専念し、そのために戦闘機として向上し続けています。 ベジータに焦点を当て、太田は次のようにコメントしています。 あなたがすることに目的を与える。 とにかく誰かに勝ちたいのなら、一生懸命頑張るほう​​が簡単です…ある個人が他の誰かと同じくらい強くなりたいというライバル関係が最も一般的です。」

太田氏はさらに、「この種のライバル関係には、双方が同程度の能力を持っている場合も含まれるが、個人はライバルをより良いと感じるかもしれない…これらのタイプの個人にとって、ライバルはわずかに優れている。それらを競う 個人的な改善につながる。」

ドラゴンボール超の最近の物語の意味では、ベジータはついに悟空を追いかけようとする意志を放棄したようであり、破壊神ビルスの教えに従って個人的な道を歩み始めました。 コメントでこの分析についてどう思うか教えてください。

You may also like

Leave a Comment