Home Uncategorized ベルセルク367:月明かりの下での残酷な誘拐

ベルセルク367:月明かりの下での残酷な誘拐

by 押間 モル

闇と絶望が戻ってきて、突然、エルフの島でさえも掴み始めました。エルフの島は、これまでの出来事が起こった土地から非常に遠く離れた平和な場所です。 ベルセルク。 そして、この暗くて不名誉な雰囲気の担い手は、かつての白いタカであり、現在は神の手のメンバーであるグリフィスでした。

ベルセルク365と366で、森恒二とスタジオGAGAの漫画の冒険が始まりました。まさに非常に重要な段階でした。 ガツは何かをしようとしているが、これまでのところ彼の努力はすべて無駄であり、ゾッドの到着によってそれは容易にならなかった。 彼はガツと戦う ベルセルク367、最近日本で出版された別の章で、黒騎士の困難を止めたくないようです。

ガツは攻撃に抵抗し、グリフィスに焦点を合わせないようにする必要がありますが、島の残りの部分は何かが間違っていると感じ始めます。 ガツが戦い続けると、白いタカは カスカに近づく 無意識のうちに、ファルネーゼとシエルケの腕の中にいた。 二人はグリフィスが女性に手を置くのを防ぐために何もすることができず、ガツでさえ彼のドラゴンスレイヤーで敵を傷つけることはできません。

グリフィスがカスカを腕に抱き、誘拐を告げると、地震が島を揺さぶる ベルセルクの最終段階に割り当てることができます

You may also like

Leave a Comment