Home Uncategorized ワンピース:ヤマトは最初のドラフトでどうでしたか? メイスはいない、ここに彼女は剣を持っている

ワンピース:ヤマトは最初のドラフトでどうでしたか? メイスはいない、ここに彼女は剣を持っている

by 押間 モル

尾田栄一郎の1か月間の休止により、週刊少年ジャンプは読者に週刊少年ジャンプを提供する別の方法を見つけました。 ワンピース。 実は、佐賀と漫画を手に入れるために、織田自身が作成した一種の情報、要約、草稿の収集である「笑い物語への道」プロジェクトが開始されました。

先週、Kaidoのオリジナルのハイブリッドフォームが表示されましたが、これは私たちが知っているものとは大きく異なります。 最後のポイントに到達する前に、ヤマトはまた、身体と性格と表現の両方でいくつかの変換を経なければなりませんでした。 ONE PIECE:Road to Laugh Tale volume 3で、このシリーズの最後から2番目の 織田ドラフトのオリジナル大和。 ホーンなど、いくつかの特徴的な機能は常に存在しますが、形状や位置が時々変更されます。

最大の詳細は間違いなくその表現です ヤマトは長い変革の過程を経てきました そして何よりもメイスの不在、それは特定の段階では剣でした。 状況によっては、彼女はキックを使っても人間の形で戦っているのが見られます。おそらくサンジに似すぎています。 また、そのハイブリッド形式については、以下で利用可能な最新のドラフトにいくつかの専用スペースがあります。 プロトタイプバージョンの1つまたは 決定的な大和

しかし、最初の巻では、非常に興味深い要約とともに、ポネグリフが戻ってきました。

You may also like

Leave a Comment