Home Uncategorized 僕のヒーローアカデミア 362: あの若きヒーローは本当に終わりを迎えたのか?

僕のヒーローアカデミア 362: あの若きヒーローは本当に終わりを迎えたのか?

by 押間 モル

ヒーローとヴィランの間の最終戦争は、今やいくつかのポイントに到達したようです。 緑谷とその仲間たちの物語には、犠牲と重大な損失が散りばめられており、362 章の結びの表では、著者は極端な決断を下したようで、最も関連性の高い人物の 1 人に重傷を負わせた.

松濤とダビの激突、そして今なお続く血みどろの戦いの末、 努力とオールフォーワン、著者は若い爆豪勝己がTomura Shigarakiの破壊に対抗しようとする英雄的な努力を表現することに焦点を当てました. 若き勇者は最善を尽くした分、ビッグスリーに助けられ、右腕を骨折し、 顔の右側が完全に変形している.

肉体的に負傷し、対戦相手と親友のデクの両方に劣っていることによる苦しみが、爆豪を再び介入させた. 揺るぎない意志に突き動かされたダイナマイトは、信楽を攻撃しようとしたが、ヴィランの力によって完全に投資された. 爆豪の心は信楽の最新の攻撃に打たれた. 信じられないほどのヒロイズムの行為は、少年が地面に横たわり、宇宙を見つめ、胸の高さで心配そうな血のパッチで、感動的なテーブルに変わりました.

ファンはすでに彼の死の可能性について理論化し始めており、デクがチームメイトに到達したときの仮説的な反応は、かっちゃんをそのように見た可能性があります. それについてどう思いますか? コメントで教えてください。

You may also like

Leave a Comment