Home Uncategorized 呪術廻戦190がMangaPlusに登場:カリングゲームの新しいルールと脅威

呪術廻戦190がMangaPlusに登場:カリングゲームの新しいルールと脅威

by 押間 モル

カリングゲームの新しいフェーズは、の最新の章で説明されています 呪術廻戦 虎杖悠司と伏黒恵の二次メンバー、パンダとハカリが主演。 東京の2番目の植民地で、2人は彼らのターゲットの1つであるカシモに対して彼ら自身を見つけました。そして、それは手ごわい敵であることがわかりました。

の中に 第190章、WebサイトおよびMangaPlusアプリケーションで入手可能、芥見下毛は読者をすぐに戦場に連れ戻す。 前回の任命終了時に、樫茂が水中で爆発したことにより、港とその周辺地域が浸水した。 呪われたエネルギーをすべて熱エネルギーに変換することで、カシモはなんとか信じられないほどの爆発を引き起こしました。 フルハカリに投資する

金司は左腕の一部を失ったが、それでも狙いを定めた打撃で相手を驚かせることができた。 原木自身が説明するように、彼は移転することによってなんとか生き残ることができました 彼の左腕を保護するために最初に使用されたエネルギー 体の残りの部分に。 両方の条件を考慮して、ハカリはカシモに取引について話し合うことを提案します。

小さなパンダがシーンに入るのを見ると、簡単なシーケンスで、2人がどのようにして協定を確立したかを理解することができます。 樫茂さんのコラボのおかげで、ルールブックに別のルールが追加されました。これから 各プレーヤーは、他の競技者に好きなだけポイントを与えることができます。 キンジがチャールズ・バーナードに戻った直後、彼が以前に会った風変わりな漫画家であり、2人が話し始めるとすぐに、西宮は主人公にイラストを描いてシーンに入ります。 3つの新しいルール 最後の追加以降、処理中です。

1つ目は、トーナメントで誰かをその場所に配置するためにポイントを費やす可能性に関するものであり、2つ目は、コロニー間の通信と信号の無効化に関するものであり、3つ目は、 個々のコロニーに出入りする自由。 西宮はまた、マキは自由に障壁を通り抜けることができると説明しています。

ファイナルテーブルは、城山のトンネルの1つでノリトシの前にいるマキに捧げられています。 この章はで終わります 神秘的で邪魔な呪いの入り口 トーナメントコロニーの1つで。

You may also like

Leave a Comment