Home Uncategorized 進撃の巨人:エンディングはシリーズの全体的な価値にどの程度影響しましたか?

進撃の巨人:エンディングはシリーズの全体的な価値にどの程度影響しましたか?

by 押間 モル

の最後の章 進撃の巨人 彼らはすぐに、さまざまな観点から急いで決定的ではないと認識されました。 漫画家の諫山創が追加のテーブルで応えようとした批判。 時間の経過とともに、そのような物議を醸す結末を議論することに再びつながった緩和ケア。

ニュースの下部にある投稿を通じて、ユーザーはシリーズのファンに、それが終わったにもかかわらず、 進撃の巨人はまだ傑作と見なすことができます。 答えはたくさんあり、多くの人が最終的な出来事の疑わしい決定を繰り返し強調したいと思っていましたが、本質的にコミュニティの大多数は考慮しています 諫山創の作品 真の傑作のように。

コメントから、最後の2つの章の前のストーリー全体を無視することの難しさ、最初から興味をそそる世界の構築、そして困難で曲がりくねった道の中での主人公の進化への困難が浮かび上がります。 劇的で意味のある結末。 これについてどう思いますか? いつものようにコメント欄でお知らせください。

最後に、プラネットマンガが進撃の巨人のスチールボックスを提示したことを思い出します。ベルセルクのスタイルでファウンディングジャイアントの壮大なファンアートにあなたを任せます。

You may also like

Leave a Comment