Home Uncategorized 遊☆戯☆王:マスター高橋和希の計り知れない遺産

遊☆戯☆王:マスター高橋和希の計り知れない遺産

by 押間 モル

主に創作で知られる高橋和希 遊☆戯☆王は、芸術家であり、生まれつきの才能を持ったクリエイティブであり、常に彼の作品の中で発展する新しいアイデアを探しており、彼の作品に注いだ多大な情熱を他の人に伝えることができ、無限でおそらく永遠になります。

2022年7月6日朝、沖縄県名護市で彼の遺体が発見され、熱狂的なファンのコミュニティ全体に衝撃を与えました。 しかし、マスターは私たちを去りましたが、 彼の想像力は、エンターテインメントのさまざまな分野に浸透し続けています、そしてこのために、彼のキャリアの基本的な段階をたどることによって、彼の仕事の重要性を思い出したいと思います。

1961年10月4日生まれ 東京では、高橋は1980年代初頭にマンガ家として日本の漫画の世界にアプローチし始めました。 1990年に彼はワンショット短編小説を発表しました ファイティングホーク 週刊少年ジャンプで翌年、天年書団子ブレイと共に帰国し、2本の単行本で出版。 週刊少年ジャンプに到達することは素晴らしいマイルストーンですが、高橋は常に彼の初期の作品を「トータルフロップ」と見なしてきました。

1996年にターニングポイントが来て、遊☆戯☆王の最初の章がリリースされます、2004年までWSJのページに残ります。8年の間に高橋は印象的な成功に圧倒され、多くのプロジェクトに参加するようになり、シリーズのトーンとテーマを根本的に変えることになりました。

実際、最初の59章では、 遊☆戯☆王の漫画はカードゲームを中心としていませんでした、もともとはマジック&ウィザードと呼ばれていましたが、他のゲームを中心に開発されました。 ファンからWSJに寄せられた無数のリクエストに続いて、高橋は非常に興味を持った読者がいるそのカードゲームのルールについてもっと学ぶように頼まれました。 このために、シリーズは焦点を当てた章から移動しました 冒険、時にはホラートーンでさえ、デュエルモンスター王国の有名な物語の弧のように、デュエルモンスターの戦いとトーナメントの連続に。

1998年4月から10月に放送された遊☆戯☆王のシーズン0は、漫画の冒頭の章のいくつかを忠実に提案し、日本では非常に人気がありましたが、暴力の存在のためにそれらの国境を離れることはありませんでした。カードゲームへの言及がない。 しかし、2000年に、最初の歴史的なシリーズが到着しました 実世界の現象を生み出し、その後、他のシーズンが制作され、コナミのカードゲームが絶大な人気を博しました。

2021年1月に更新されたデータによると、遊☆戯☆王カードゲームは売れたでしょう 世界中で350億枚以上のカード、デュエルリンクスや最新のマスターデュエルなどのビデオゲーム、そして競争の激しいシーンのおかげで、素晴らしい収益を記録しています。 残念ながら時期尚早に終わった成功に満ちた人生、そして私たちが常に覚えていること 素晴らしい高橋の素晴らしい芸術と想像力

You may also like

Leave a Comment