Home Uncategorized 銀座のベルセルクの新しい展覧会:これは巨大なゾッドとの写真です

銀座のベルセルクの新しい展覧会:これは巨大なゾッドとの写真です

by 押間 モル

昨年の5月は、 三浦健太郎さん死去. ベルセルクの漫画家は歴史に消えない痕跡を残し、すぐに多くのお祝いをして彼を思い出し、敬意を表しました. 世界中の見本市には、ミウラ専用の壁があり、ファンはその上に献辞を書くことができました。

一方、日本では展示会もありました。 ベルセルクの最初の特別展は2021年に開催されましたが、現在、東京でもダークファンタジー漫画に特化した別の展覧会が開催されようとしています. 2022 年 9 月 21 日から 10 月 4 日まで、「ベルセルク大展 ~三浦建太郎の画業32年~ 銀座編』を、松屋ショッピングセンター8階イベント専用ホールにて開催。

展示は私を特集します ベルセルクのオリジナル原稿、雑誌連載時のカラーイラストや、グリフィスに付き従う魔物・ゾッド・ノスフェラトゥの巨大ジオラマなどを収録。 ベルセルクによるこの展覧会の準備から生じる最初のイメージは、彼に集中しており、以下で見ることができます. 当時日本にいる人は、選択した方法に応じて、700 円 (約 5 ユーロ) から 4900 円 (約 35 ユーロ) の範囲でチケットを購入することでアクセスできます。ガツのドラゴンスレイヤーのペーパーモデルを手に入れることができるもの。

You may also like

Leave a Comment