Home Uncategorized simulpubsでの講談社の混乱:会社はMangaPlusを立ち上げたいですか?

simulpubsでの講談社の混乱:会社はMangaPlusを立ち上げたいですか?

by 押間 モル

講談社 日本で最も有名な出版社の1つです。 常にライバルの集英社や小学館と競い合っており、何十年もの間、彼らのストーリーを公開したかったのはマンガ家にとってノンプラスウルトラでした。 最近は大幅に減少していますが、海外でも常に活躍しています。

たとえば、漫画の権利を海外で同時出版サービスに販売した最初の出版社の1つでした。 実際、次のようなシリーズの毎週の章のためのCrunchyrollとのコラボレーション フェアリーテイル巨人の攻撃七つの大罪 だけではありません。 最近、同社はコミクソロジーとアズキのサブスクリプション付きの同時パブサービスに関する英語の章も公開しました。 残念ながら、しかし、先月、もちろん突然の変化があったようです。

あずきは6月上旬に発表 ぐらんぶるの出版の中断、その後、英語で章を提供する他のサービスでも廃止されました。 非常によく似た扱いですが、EDENS ZERO、黙示録の四騎士、そして講談社からの多くの他のタイトルなど、他のタイトルではより「無期限」です。 現時点では、それらはsimulpubに翻訳されていません。 そのため、長年にわたって合法的にタイトルを読むためにこれらのプラットフォームに依存することができたファンは、著作権侵害およびアマチュア翻訳市場に目を向けなければならないことに気づきました。

しかし、小豆ポータルが強調しているように、出版社自体が望んでいた中断は可能でした。 講談社に独自の公式ストリーミングサービスを作成してもらう 集英社が優れたMangaPlusで行っているのと同様に、simulpubの章については。 では、ワンピースのポータルと会社のために世界クラスのライバルが生まれようとしているのでしょうか?

You may also like

Leave a Comment